プログラム開発の準備

RapidReportを用いたプログラム開発を行うには、帳票出力ライブラリファイルが必要となります。 ここでは、ライブラリファイルへの参照設定を行う方法についての説明を行います。

それぞれの場合に応じて、以下の説明をご覧ください。

.NETのWindowsフォームアプリケーションの場合

開発環境として、VisualStudio2012を用いた場合の手順について説明します。

RapidReportを利用するプロジェクトの場所をエクスプローラで開き、[lib]というフォルダを作成します。

作成した[lib]フォルダに、必要なライブラリファイルをコピーします。 どのファイルが必要となるかは、出力する帳票の形式によって異なります。 それぞれの場合に応じて、以下の説明をご覧ください。

VisualStudioに戻り、ソリューションエクスプローラ内のプロジェクト上で [右クリック] > [参照の追加...]を選択します。

[ブラウズ]を選択し、[参照...]から、先ほどコピーした[lib]フォルダ内のファイルを選択し、 [OK]を押します。

以上で、ライブラリファイルの参照設定作業は終了になります。

ASP.NETの場合

開発環境として、VisualStudio2012を用いた場合の手順について説明します。

RapidReportを利用するプロジェクトの場所をエクスプローラで開き、[bin]というフォルダがあることを確認します。

[bin]フォルダに、必要なライブラリファイルをコピーします。 どのファイルが必要となるかは、出力する帳票の形式によって異なります。 それぞれの場合に応じて、以下の説明をご覧ください。

VisualStudioに戻り、ソリューションエクスプローラ内のプロジェクト上で [右クリック] > [参照の追加...]を選択します。

[ブラウズ]を選択し、[参照...]から、先ほどコピーした[bin]フォルダ内のファイルを選択し、 [OK]を押します。

以上で、ライブラリファイルの参照設定作業は終了になります。

.NETのライブラリファイル

常に必要なライブラリファイル

.NET版を利用するために、必ず参照設定に含める必要があるのは以下のファイルです。 これらのファイルは、インストールフォルダ内の[lib\dotnet]というフォルダに格納されています。

  • systembase.report.dll
  • systembase.json.dll
  • systembase.barcode.dll
  • Newtonsoft.Json.dll
  • zxing.dll

以下の名前空間が含まれます。

名前空間 説明
jp.co.systembase.report ReportやReportPagesなどの基本的なクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.data データソースやデータプロバイダなどの、
帳票にデータを渡すためのクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.component GroupやContentなどの、帳票の構成要素を表すクラスが含まれます
データプロバイダやカスタマイザなどのクラスを実装する場合に
このパッケージ以下のクラス群が必要となります
jp.co.systembase.report.customizer カスタマイザに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer レンダラに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.method メソッドに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.operator オペレータに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.textformatter テキストフォーマッタに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.elementpreprocessor 要素プリプロセッサに関連したクラスが含まれます

直接印刷・プレビューを行う際に必要なライブラリファイル

.NET版で直接印刷・プレビューを行う場合に参照設定に含める必要があるのは以下のファイルです。 これらのファイルは、インストールフォルダ内の[lib\dotnet_gdi]というフォルダに格納されています。

  • systembase.report.renderer.gdi.dll

以下の名前空間が含まれます。

名前空間 説明
jp.co.systembase.report.renderer.gdi PrinterやFmPrintPreviewなどの、
直接印刷やプレビューを行うために基本的なクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.gdi.elementrenderer 要素レンダラに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.gdi.imageloader イメージローダに関連したクラスが含まれます

PDF出力を行う際に必要なライブラリファイル

.NET版でPDF出力を行う場合に参照設定に含める必要があるのは以下のファイルです。 これらのファイルは、インストールフォルダ内の[lib\dotnet_pdf]というフォルダに格納されています。

  • systembase.report.renderer.pdf.dll
  • itextsharp.dll
  • iTextAsian.dll

iTextAsian.dllについては、参照設定を行ってもビルド時に出力パスへコピーされない場合があります。 その場合は手動でコピーしてください。

以下の名前空間が含まれます。

名前空間 説明
jp.co.systembase.report.renderer.pdf PdfRendererなどの、PDF出力のための基本的なクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.pdf.elementrenderer 要素レンダラに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.pdf.imageloader イメージローダに関連したクラスが含まれます

Excel(XLS)出力を行う際に必要なライブラリファイル

.NET版でXLS出力を行う場合に参照設定に含める必要があるのは以下のファイルです。 これらのファイルは、インストールフォルダ内の[lib\dotnet_xls]というフォルダに格納されています。

  • systembase.report.renderer.xls.dll
  • NPOI.dll

以下の名前空間が含まれます。

名前空間 説明
jp.co.systembase.report.renderer.xls XlsRendererなどの、XLS出力のための基本的なクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.xls.elementrenderer 要素レンダラに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.xls.imageloader イメージローダに関連したクラスが含まれます

Excel(XLSX)出力を行う際に必要なライブラリファイル

.NET版でXLSX出力を行う場合に参照設定に含める必要があるのは以下のファイルです。 これらのファイルは、インストールフォルダ内の[lib\dotnet_xlsx]というフォルダに格納されています。

  • systembase.report.renderer.xlsx.dll
  • NPOI.dll
  • NPOI.OOXML.dll
  • NPOI.OpenXml4Net.dll
  • NPOI.OpenXmlFormats.dll
  • ICSharpCode.SharpZipLib.dll

以下の名前空間が含まれます。

名前空間 説明
jp.co.systembase.report.renderer.xlsx XlsxRendererなどの、XLSX出力のための基本的なクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.xlsx.elementrenderer 要素レンダラに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.xlsx.imageloader イメージローダに関連したクラスが含まれます

Java Servletの場合

開発環境として、Eclipseを用いた場合の手順について説明します。

RapidReportを利用するプロジェクトの場所をエクスプローラで開き、 [WEB-INF]の下に[lib]というフォルダがあることを確認します。

[lib]フォルダに、必要なライブラリファイルをコピーします。 どのファイルが必要となるかは、出力する帳票の形式によって異なります。 それぞれの場合に応じて、以下の説明をご覧ください。

なお、RapidReportをバージョンアップした場合は、 以前のファイルを削除した上で新しいファイルをコピーしてください。

Eclipseに戻り、[WEB-INF\lib]フォルダの上で[F5]キーを押すと、先ほどコピーしたファイルが表示されます。 ファイルを選択し、[右クリック] > [ビルド・パス] > [ビルド・パスに追加]をクリックします。

以上で、ライブラリファイルの参照設定作業は終了になります。

Javaのライブラリファイル

常に必要なライブラリファイル

.Java版を利用する際に、必ずクラスパスに含める必要があるのは以下のファイルです。 これらのファイルは、インストールフォルダ内の[lib\java]というフォルダに格納されています。

  • systembase.core-1.6.jar
  • systembase.report-4.35.jar
  • systembase.barcode-1.3.jar
  • jsonic-1.3.0.jar
  • zxing.core-3.2.1.jar

以下のパッケージが含まれます。

パッケージ 説明
jp.co.systembase.report ReportやReportPagesなどの基本的なクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.data データソースやデータプロバイダなどの、
帳票にデータを渡すためのクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.component GroupやContentなどの、帳票の構成要素を表すクラスが含まれます
データプロバイダやカスタマイザなどのクラスを実装する場合に
このパッケージ以下のクラス群が必要となります
jp.co.systembase.report.customizer カスタマイザに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer レンダラに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.method メソッドに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.operator オペレータに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.textformatter テキストフォーマッタに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.elementpreprocessor Elementプリプロセッサに関連したクラスが含まれます

PDF出力を行う際に必要なライブラリファイル

Java版でPDF出力を行う場合にクラスパスに含める必要があるのは以下のファイルです。 これらのファイルは、インストールフォルダ内の[lib\java_pdf]というフォルダに格納されています。

  • systembase.report.pdf-4.35.jar
  • iText-2.1.7.jar
  • iTextAsian.jar

以下のパッケージが含まれます。

パッケージ 説明
jp.co.systembase.report.renderer.pdf PdfRendererなどの、PDF出力のための基本的なクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.pdf.elementrenderer 要素レンダラに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.pdf.imageloader イメージローダに関連したクラスが含まれます

Excel(XLS)出力を行う際に必要なライブラリファイル

Java版でXLS出力を行う場合にクラスパスに含める必要があるのは以下のファイルです。 これらのファイルは、インストールフォルダ内の[lib\java_xls]というフォルダに格納されています。

  • systembase.report.xls-4.35.jar
  • poi-3.15.jar
  • commons-codec-1.10.jar

以下のパッケージが含まれます。

パッケージ 説明
jp.co.systembase.report.renderer.xls XlsRendererなどの、XLS出力のための基本的なクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.xls.elementrenderer 要素レンダラに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.xls.imageloader イメージローダに関連したクラスが含まれます

Excel(XLSX)出力を行う際に必要なライブラリファイル

Java版でXLSX出力を行う場合にクラスパスに含める必要があるのは以下のファイルです。 これらのファイルは、インストールフォルダ内の[lib\java_xlsx]というフォルダに格納されています。

  • systembase.report.xlsx-4.35.jar
  • poi-3.15.jar
  • poi-ooxml-3.15.jar
  • poi-ooxml-schemas-3.15.jar
  • dom4j-1.6.1.jar
  • xmlbeans-2.6.0.jar
  • commons-codec-1.10.jar
  • commons-collections4-4.1.jar

以下のパッケージが含まれます。

パッケージ 説明
jp.co.systembase.report.renderer.xlsx XlsxRendererなどの、XLSX出力のための基本的なクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.xlsx.elementrenderer 要素レンダラに関連したクラスが含まれます
jp.co.systembase.report.renderer.xlsx.imageloader イメージローダに関連したクラスが含まれます