facebook

<近日リリース予定> RapidReport Runner

RapidReport Runner(ラピッドレポート ランナー)は、プログラミング作業を必要とせずに帳票のデザインおよび印刷を行うことができる新しい製品です。

RupidReport Runner

既存の業務システムなどのデータベースや、CSVおよびExcelファイルなどのデータを活用し、さまざまな帳票を生成できます。 プログラミングのスキルが不要なので、開発者以外の方でも文書のレイアウトを自由に作成することができ、幅広い業務に活用いただくことが可能です。

例えば、こんな用途に・・・

  • 指定伝票作成
  • ハガキ(宛名)作成(お客様事例
  • ラベルシール作成(QRコードや各種1次元バーコードも利用可)
  • 社内配布文書の作成

クエリビルダでSQLを書かずにデータ取得

RapidReport Runnerには、データベースからのデータ取得を行うための「クエリビルダ」機能が含まれます。 クエリビルダを用いることで、SQLを記述することなく必要なデータを取得することが可能になります。

RupidReport Runner

※データベースから取得したテーブル/列名が表示されます。
※SQLを直接記述することもできます。

製品仕様(予定)

動作環境 .NET Framework 4.6.1以上
入力データ形式 データベース(SQL Server / Oracle / PostgreSQL / MySQL)
Excel(xlsx)ファイル
CSVファイル
データの直接入力
出力形式 プリンタへの直接印刷(プレビュー表示可能)
PDF形式
Excel(xlsx)形式
デザイン機能 ※RapidReportの機能に準じます。詳細はRapidReport機能紹介ページをご覧ください。
罫線、矩形、円、画像
線スタイル、色、塗りつぶし設定
バーコード(EAN8,EAN13,CODABAR,CODE39,ITF,CODE128,QRコード,郵便バーコード)
書式指定、計算式、グルーピングおよび集計 等